news

2017/03/29 17:30


皆様こんにちわ。

BASEの公開をしたところ、商品の写真について意見が出ました。
それは「暗い写真がある」というものです。
BASEの商品写真は筆者である私が一眼レフにて撮影を行っているのですが、
撮影スペースが店内でして、あまり明るくない照明の下写真を撮影するわけです。
主に商品撮影用に使うレンズが24-120mmのf4通しという、そこまで暗いレンズではないのですが、天候の状態や撮影する時間帯によってはやはり写真の一枚一枚の明るさが変わってしまうのです。
ましてやまだカメラを購入して1年そこそこの初心者ですから、状況に応じて明るさを調整しながら撮影するということは至難の業なのです。

そこで改善案を考えてみます。

’内蔵のフラッシュをたいて撮影すればよいのでは?’
実は一眼レフの内蔵フラッシュでは光量不足且つ光が一点に集中してしまうので、色が飛んだり変な陰ができたりしてしまいます。
外付けのフラッシュ・・・いわゆるストロボならばそのようなことはないのですがやはり高い・・・まだ買えない・・・

’iPhoneと白紙を使って疑似照明を作ればよいのでは?'
これが一番有効かな~とも思いましたが腕が少なくとも4つ必要になります。
何かを台にして・・・とも思いましたが、肝心の台がないのに気づき、一時保留に。

そのほかにも明るさ確保の要素はたくさんありますよね。
たとえばISO感度をいじる。。。ホワイトバランスをいじる。。。
しかし根本は店舗の照明が撮影向きではないことな訳です。
正直今後も多くの商品を撮影する身としては、ここはお財布を薄くしてでもストロボ買うべきなのかなと思います。
モデルさんを撮影するときにも使えますし、必要なのかな~と。

ひとまず、暗い写真をどうするかの改善案は「明るいうちに素早く撮っちゃう」ということになりました。

TwitterもFaceBookもございます。
なので、暗い写真がございましたらお気軽にお知らせ下さい。

それではつらつらと失礼致しました。
添付写真は本日撮影し雑加工したコンセプトフォトのような物です。

それでは、皆様のご来店をこころよりお待ちしております。

御買上金額5,000円以上にて 送料無料 ※北海道、沖縄、離島は除く

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

愛知県尾張旭市にてフットサルウェア&カジュアルファッションの取り扱いをしております。 是非お立ち寄り下さい。